XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
●明日&来週の予定●

・11時~15時営業予定です。
*事前ご連絡ありましたら15時以降も残れます。
・7月の営業時間変更お知らせです。

7月23日は9時~12時に営業時間変更


その他通常の月~水 11時~15時 木・金定休日 土日10時30分~18時営業です。

・インターネットでのご注文は24時間受付中なので、インターネットでのお買い物はお楽しみいただけます。
・最近ここでは載せない内容をInstaアップしているので、以下も是非~

https://www.instagram.com/xtrsurfjapan/

Facebookもやっています。

https://www.facebook.com/osidesurfshop/


XTRサーフボードJapanのメインサイトはこちら

https://www.xtrsurfboards-japan.com/

●皆様ありがとうございます●



I様ありがとうございます。

I様はテイクオフも速くそして様々なコンデションに使えるRusty Dwartを最新のXTR Parallel Carbonにてカスタムされました。

軽くて、そして反応が最高の素材です。今までとは違ったパフォーマンスを引き出してくれると思います。お礼のお言葉もいただいて、I様に感謝です。

I様いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。



M様ありがとうございます。

自己管理能力の高さが半端ないM様はこちらのボード。

M様は栗田も絶好調~と感じているTOMOのOB1をお求めになりました。サイズもCL38L超ですが、それでも動かせる設定だと思います。M様はCL38くらいのボード何枚かお持ちですが

”これでも十分動く!”

とおっしゃっていたし、技術があればターンできます。ロングボードでエアーをする方がいるくらいですから。

そして、Parallel Carbonとにかく反応良いですもんね~。

フィンはM様はすでにパワードライブフィンをお持ちですので、そちらでばっちりそうです。

M様いつもありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。



栗田も慣れたらこれがNO1のカットオフか?とも感じているこちらのOB1とパラレルカーボン素材。昨日もこれで超高速ライド(注:自己満足)をしていました。

その他多くのお客様、弊社でのお買い上げありがとうございます。

そして来日経験もあり、そして日本と波質が似ているアメリカ東海岸でも愛用者が多いRobertsサーフボード。


*グロムのCruz君とのショット。

今人気ボードはDisco Diamondなんですが、フィンセットアップで3フィン(下の写真)や通常の5フィン設定(Twonzerフィン設定ではない)も数多くオーダーがあるそうです。ボードの素の良さがあるからなんでしょうね~。



こちらもどうぞご参考ください。Robersサーフボードはかなりのカスタマイズ可能です。サーフィン&サーフボード好きな方が愛するブランドですね。

しかもRobertsさんもオリジナル素材も含めてエポキシボードが大好きで、彼はもう15年以上も前からエポキシボード研究していました。

今日本ではエポキシボードがやっと流行ってきましたが、本場カリフォルニアではもう歴史も40年以上もあるんです(つまり1980年代から研究されてきた)。

そういったノウハウもあるメーカーからエポキシ素材ボードを選ぶというのも正しい選択だと思いますよ。

ちなみに上のボード2本はどちらもエポキシ素材です。

そして私栗田もエポキシオンリーにてすでに15年。やっぱりエポキシのほうが日本のアベレージの波だったら間違いなく良いと感じています。

●明日&来週の予定●

・10時45分~18時営業予定です。
・7月の営業時間変更お知らせです。

7月23日は9時~12時に営業時間変更


その他通常の月~水 11時~15時 木・金定休日 土日10時30分~18時営業です。

・インターネットでのご注文は24時間受付中なので、インターネットでのお買い物はお楽しみいただけます。
・最近ここでは載せない内容をInstaアップしているので、以下も是非~

https://www.instagram.com/xtrsurfjapan/

Facebookもやっています。

https://www.facebook.com/osidesurfshop/


XTRサーフボードJapanのメインサイトはこちら

https://www.xtrsurfboards-japan.com/

●明日の予定●

・明日19日は通常営業予定(10時30分~18時)

・インターネットでのご注文は24時間受付中なので、インターネットでのお買い物はお楽しみいただけます。
・最近ここでは載せない内容をInstaアップしているので、以下も是非~

https://www.instagram.com/xtrsurfjapan/

Facebookもやっています。

https://www.facebook.com/osidesurfshop/


XTRサーフボードJapanのメインサイトはこちら

https://www.xtrsurfboards-japan.com/

●皆様ありがとうございます●





N様ありがとうございます。N様は今使っているボードの浮力が足りない。。。ということでカウンセリングさせていただいて、浮力がありながらも全然動かないというボードではない

Ultra Joe

を浮力有りでカスタムしてくださいました。このブランクスはカスタムメイドで幅も厚みも通常できるXTRフォームより更に増しています。XTRはこんなこともできるんですね~。

これだけのボリュームですが、重さは結構軽く仕上がっていて調子も良さそう。Ultra JoeはJoeと比べてかなり変えてあって、ノーズの感じからテールもよりパフォーマンスを向上させるようにできいます(でもJoeの良さも生かしながら)。

N様ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。



U様ありがとうございます。

U様からは、こちらのRobertsのカスタムをご依頼いただきました。ボードは隠しメニューの大人気ボードの

Mush Mellon(幅広ノーズ+Mush Machineテール)

のダブルダイヤモンドテールバージョンです。見た目も超クールかつそして調子もばっちりそうです。小波から慣れればそれなりのサイズでも使えるマルチパーパスボードです。

U様いつもありがとうございます。次のボードも楽しみにしていてくださいね。



M様ありがとうございます。

M様は栗田も超気に入っているOB1をカスタムされました。フィンもあのパワードライブフィンをお求めいただいてこれはまさに最高のマッチアップだと思いました。

パラレルカーボンはフレックス感としっとり感、そして板の反応も高い素材です。センターストリンガーしか乗ったこと無い方は最初スピードを出すスイートスポットが少しだけ違うので慣れが必要です、すぐに慣れてこれがこのボードでNO1と言ってくれると思います。

M様いつもありがとうございます。またの機会がございましたらよろしくお願いいたします。

あるお客様にOB1×Parallel Carbonのテイクオフの方法についてお聞きになられた方がいらっしゃったので、その私なりの回答を参考までに書きますね。

●どうやって走り出しを少しでも速くするか❓●

パドルを仕掛けて波に乗る際にもって胸エリア(みぞおちより上の大胸筋)を意識してパドル&テイクオフをするように心がけてもう少しノーズを浮かせない工夫が必要です。カットオフなんでポイントノーズのようにそうしてもノーズが沈みにくいです。

みぞおちへの集中よりもっと前のエリアへの集中となります。あごパンチが私ボードに付くので結構前側を押し付けています。最初のきっかけの重点はみぞおちでも良いですが、みぞおちから大胸筋エリアでボードを押し付けます。みぞおちだけで走らせられるのはタイミングが良いか、またはロング系です。

イメージは以下のURLのYou tubeの2:30くらいからのやや厚めの波からのテイクオフです。最初は体を沿ってみぞおちくらいでバランスとっていますが、最後走る前はもっと前側(頭も下げて)に荷重しています。ボードが走ったな~?と思ったところで手をついてテイクオフ準備です(この時にはもう完全に波を取っていますから手をついても良いのです。)。
ストリンガーレスだとノーズのエリアがとても軽い×カットオフノーズなので、皆様ポイントノーズのノーズエリアに少し重さがあるボードと同じように波に乗ろうとしています。そうだとノーズが浮いてしまう(そして浮いた分水が効率的に入らない)感じの方がかなり多いです。

このビデオも参考になりますよ~。


●委託ボード入っています●

まだまだ使える綺麗目なコンデションのCIのFver XTR素材が委託で入りました。





委託ボードはこちら

https://www.osidesurf.com/?mode=cate&cbid=979041&csid=0
●Snapper Rocks●

カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
14
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
Template by Crow's nest