XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ Roberts
[1]  [2]  [3

●明日の予定●

・通常営業予定です。
・フリーご相談可能です(が結構混雑しています)。

●Roberts Bro Fish Good!!●

さて、最近気に入って良く乗っているRobertsさんのBro Fish。さすがRobertsさん・・・間違いの無いもの作りますね~。

今日はTwonzerフィンセットアップにて乗りました。

Rasta Keelよりこちらのほうが動きます(がスピードはRasta Keelのほうが上です)。



波が結構ガタガタしているけど、そんな波にも強いです。うねりバンプからの速いテイクオフから・・・



余裕をもって立っていますね。栗田はこれは通常のパフォーマンスボード(またはデイリードライバー)より多くCLを取って乗るボードだと思っています。そうすると、そのボードの良さが引き出せると思いますよ~。

 


滑り出しも快適です。この波は結構掘れてきました。



と思ったらインサイドのシャローなサンドバーに当たって超掘れてきました。それも急激に!



ほら、バレルになるような波です。



ウルトラスピードだから波が切れていれば捕まる気がしません。

 

どっかーんチューブ系の波。

この波はクローズアウトしてしまい抜けれませんでしたが、ボードスピードが高いので楽しいです。




ツインでもTwonzerでも乗れて、マルチに小波から頭以上まで楽しめるこれ1本ボードですね。通常のパフォーマンスショートとか乗っていた方はいきなりTwinだと乗りずらい。。。という方も多いです。

そんなTwinフィン初心者でも扱いやすいので、Twinフィンのファートストライでも良いかもしれませんよ~。

とびっきり評価が高いRobertサーフボード&Vonsoサーフボード。

こだわりのあるこれらのブランドのトップがリアルサーファーだからいいボードが出来るのです。






こちらがRobert本人





こちらがMattison本人

どう、2人ともスタイルのある乗り方でしょう?彼らの共通事項は、サーフィンが好きで毎日研究開発に余念が無いということ。

ビーチからリーフまで様々なテストを行える場所の近くにファクトリーを構え、一般ライダーやチームライダーも豊富。そしてサーフインダストリーの中心ともいえるカリフォルニアでのボードビルドをしているので、間違いの無いモデルを出してくれますね。



 



さてさて、最近波が小さめですが栗田はこちらで楽しんでいます。見た目よりずーっとパフォーマンス性能があるPool Toyです。





フィンセットアップはこちらのVonsolのBlade 4フィンに、Nubstar Pivotを前側にしています。5本なんでフィンが多い?と思うのですが、かなり動くのでテールを安定させる方向性でセットアップをしています。

こちらのRobert本人も大のお気に入り。お勧めボードの一つですよ。



とにかくこの手のボードとしては、テールの軽い操作性が極上です。

こんにちは。

今日も弊社は大盛況。皆様弊社でのお買い上げありがとうございます。ここでPickUpのお客様のボードをご紹介。



M様は、CIのSamplerをカスタムされました。以前CIのXTR素材のNFをお買い上げで、そちらも調子良いのですが、また乗り味が違うボードをオーダーしてくださいました。

私達一般サーファーの楽しみ方の一つです。複数のサーフボードに乗っていると、デザインへの理解が深まりサーフィンがとても楽しくなりますね。



T様は、じっくりと手に取って触っていただいて感触の良いRobertsのDream Catcherをチョイス。私もこちらのボードはとても調子良いと思いました。

Y様も、こちらのRobertsのMeat Cleaverをチョイスされました。以前乗っていた無名ブランドのボードはバランスが悪いように感じていたようです。こちらのボードであれば、とても軽くて、そして走り出しも良く、また動きも出せるというマジックになってくれると思います。

Robertさんは間違いの無いシェイパーです。栗田は彼と仕事をするのがとても光栄だし、一緒に仕事していてとてもポジィティブな気分になれます。









フリーサーフから、そしてコンテストサーファーまで幅広くお勧め出来るのがRobertsです。



皆様御盆のお休みを如何お過ごしでしょうか?千葉北方面は波もそこそこあり、サーファーにとってはパラダイスです。休みと、いい波が揃うとラッキーです。

そして、弊社も大忙し。皆様からのいつも変わらないご愛好ありがとうございます。

さてさて、弊社のBlogでもたまに出てくる、実はUSAではアンダーグラウンドなりにそれなりに知名度が出てきた

We Are Treo

このメンバーの一員で、元RobertsのライダーだったSpencer Regan君がいます。

今やそこそこ有名なDJ Musicグループの一員ですが、エアー360を決められるDJ グループの一員はあまりいないのでは?とも思います(もちろんどこかにいるはず)。

未だRobertsを買って愛用する、Spencer君。現役のころのキレはそれはありませんが、それでもさすがなサーフィンが出来るのですね。



そんな彼らのクリップをどうぞ。

 
そして、Summer Time FUN!の波はカリフォルニアでも続きます。XTRやHydro Flexはすべてハンドメイドかつ時間がかかり、そしてコストもかかるので、他の新素材より供給量が少ないのですが日本でも、カリフォルニアでも確実にファンを増やしています。



しかも結構うまいサーファーにファンが多いです。

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
6
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest