XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ カリフォルニアカルチャー
[1]  [2]  [3]  [4
さて、次の日も素晴らしい天気の朝です。波はまた小さめです。



どうにかできそうな玉石ブレイクで、コンパクトな波をMetamorphで楽しみました。







それなりに楽しめたと思います。まあ、ボードと素材がいいんですね。



その後にRobertさんのファクトリーに行って打ち合わせしました。



このボード(Metamorph)良いんだよね~と2人で話していまします。とにかくオールラウンドに使える(日本で)。









その後にNewモデルの打ち合わせしました。素晴らしいモデルばかりで、今年もかなり強力ラインナップになりそうです。カリフォルニアのデザインは日本の波質にもあいますしね(ソフトな波がカリフォルニアでは多い)。







その後Robertさんが、サーフィンしに行こうというのでシークレットスポットで一緒にサーフ。彼はかなり飛ばすので、また追いつくのに一苦労。

そして到着してサーフした波は楽しめる波でした。Robertsサーフボードのユーザー率90%!の場所でのサーフでしたね。

途中Dane Reynoldesがいたので、この場所が今日は一番だったのでしょう。



その後彼のシェイプルームでまた打ち合わせをして。。



New Modelをゲットしたので明日のためにフィンをセットアップしました。







夜は鉄板焼き(デモ付きの)に一緒にDinner。かなりおいしくて感謝です~。

こんにちは。



今日も朝から霧がかなり濃いです。Hydro FlexのRich社長と待ち合わせて、仕事前に一緒にサーフ。

Richさんは、Varial Foamのボードです。持ってみると適度に軽くて、そして素晴らしい質感でした。栗田はHawk Tailで乗りましたよ。


 
朝8時半くらいから晴れてきました。晴れると、素晴らしいカリフォルニアの天気が堪能できます。



このピークが無人です!

今日はDanielさんと、Javierさんと会うためにEpoxy Proに行きました。Daniel Thomsonさんから、さまざまなデザインの特徴を教えてもらいましたし、シェイプも見せてもらいました。なるほど、あのチャンネルはそのように入れるのですね。

やっぱりインターネット上だけの情報・電話やメールだけよりも、生にシェイパーと会って、顔を覚えてもらって、そしてそのシェイパーの理論を聞くのとでは、お客様への提供ボードも全然違うのです。

5感をフル活用しています。弊社のお客様だけを対象に特別に、この体験を共有出来るようにしますね。



彼は指先が、体格と比較してとても細くて器用です。



とにかく考えられたそのデザイン理論は、誰もが思っていなかったた素晴らしいボードを生み出します。

Danは自分のペースでシェイプをしたいということで、かなり時間がかかります。ハンドバージョンは、モールドボードとは全然違ったフィーリングを生み出します。フレックスとか、乗り味とかかなり違うんですよ。こだわる方は、彼の手によるハンド仕上げをお楽しみください。

弊社からオーダーしてもらっているボードも、彼に直接頼んでいますので、気長にお待ちいただければ幸いです。

今彼のボードのオーダーも限定数でまた受けています。Danielのボードに興味がある方は

xtrsurf@gmail.com

までお問い合わせください。彼のボードはかなりレアーです。

こんばんは。

今日はOceansideでは波のサイズが下がりました。下の写真のPier横はイマイチ。近くのHarborでは、波が良くプロも入りながらのセッション。栗田はインサイド気味で心地良くサーフィン。



やっぱりCAはキャパが広いから、自分だけのピークを見つけられる。



サーフィンのトレンドを知るにはパーキングでのサーファーの行動を見よ!ということで、いつも気になるパーキングエリア。



これは栗田のカスタムのフルカーボンボード。かっこよすぎで、しかも軽いのです。



上のストックはすべて弊社のストックボード。

本日あるトップシェイパーと話していて、サーフボードのトレンドも教えてもらいました。今のトレンドは2つだそうです。

1つは世界トッププロの基準に合わせるボード
もう1つは一般サーファーが楽しめるボード


考え方はぜんぜん違います。プロ用はまさにF1レースカーです。そのトップシェィパーはASPトップ34にもシェイプをする屈指のプロだけど、世界にいるエリートシェイパーとの交流・シェイプ談義・常にある世界トッププロのボードチェックなどがサーフボードの性能を極限までPushしているとも言っていました。他のメーカーのボードも実際に乗るのだそうですよ。乗って、そして細かな点も見て、自分のボードと比較して、何が違ってどのデザイン要素が何をもたらしているかを勉強するのだと言うのです。

今の世界のボードのトレンドは

・エントリーロッカーは弱め
・コンケーブは深めのポイントが後ろにずれている
・テールのキックは強め
・その他のカーブを融合してボトムでは深く・トップではポップが強く

らしいです。

ボードは走り出しが良く、そして乗ったらすぐにジェットエンジンのような加速をする。ボトムターンは深くためが聞いて、トップでは反発が強い。そんなボードです。更なる細かな点も教えてもらったので、世界のプロがどんなボードに乗っているかはお店で栗田に聞いてみてくださいね。

一般用はとにかく

楽にパドルができて、波をキャッチするのがイージー。そしてインサイドまで確実に乗る。いい波乗ってガッツポーズ!Good time。さあ、家に帰ってビールで乾杯~


みたいな感じだと言っていました。いやーそうですよね。栗田は中間のボードかなあ?



昨日話したThe LABのスタッフたちとも会いました。陽気なラテン系の人です。



出たーのSteve Boysen。彼ともまた打ち合わせをして、いいボードを出せるようにしましたので、SBのXTR素材は今年要注意。



こちらは先日話したWhiteRabit2です。



Epoxy Proに行くと、以前から知り合いだったAKAのShey Yatesが来ていました。バリで買ったパッチ物のVolcomサンダルについて話す二人。
明日の6月3日からお店は通常営業いたします。10時半からの開店予定です。

今移動日となりますので、少し連絡がとり難くなります。いただいているオーダー、五ご質問などすべて後ほどすべてまとめてお答えさせていただきます。ご不便・ご迷惑お詫びいたします。

今回も良い出張となりました。ボード情報や最新のカリフォルニアの風を感じていて、またその魅力をお客様に生の声としてお聞かせできそうです。

52fd775a.jpeg

efab1f34.jpeg

180.JPG

では皆様も良い週末を!
◎お知らせ◎

6月1日に帰国予定でしたが、スケジュールがつまってしまって少し伸びる可能性があります。伸びた場合は6月2日に帰国、ショールームは3日にオープンです。

2日以前にショールームのドアが開いている場合は、通販スタッフが品物をピックアップしているだけなので、お店での販売対応は残念ながら出来ません。ご迷惑お許しください。

実は多くのお客様にショールームにお越しいただいているようで。。。本当にご迷惑お許しください。

なお、CA出張中ですがボードのオンラインオーダーは受け付けております。カスタムオーダーも多くのお客様にいただいておりまして、感謝です。すべてシェイパーにお客様の意向を伝えさせていただきます。



184.JPG

今日はCAの波は弱めながらもクリーンに割れていました。これは夕方の風景。風が収まって、サーフィン可能です。

さて、ついに出た。あの隠れた名シェイパーのMarty Allen。Martyは長髪の金髪をなびかせて、少しシェイプアップして登場。相当サーフィンしているから、やせちゃったぜと言っていました。

新しいモデルも含めて、様々なアイデアを提案してくれます。彼は非常に細かく、コンケーブの深さから水の流れを考えるそのシェイプがあの調子の良いボードを作り出していると思いました。

2e372c77.jpeg

彼のボード、本当に調子が良いのです。MAD中毒のUさんが、またオーダーしたくなるようなグットボードがたくさん。

c08631dc.jpeg
Draw Card(ドローカード)

74f80a49.jpeg
Hawk Taik(ホークテール)

3b6fb56a.jpeg
Tiger Fish(タイガーフィッシュ)

ちょっとしかお見せできないのですが、こちらもテストも他のCAにあるデモボードで行います。Yutakaさん、Tiger FishはYutaka-sanにいいかもですよ。

079.JPG

このシングルに隠した、In-Set Double(インセットダブル)が日本人の体系にぴったりなんだ~と力説するMarty。深いコンケーブなのに、軽い乗り味のシークレットはこれだったのですね。

ただし、インセットダブルが入る場所を入れるのは、やはり本人のみ知るシェイプシークレット。僕にはこっそり教えてくれました。

お昼は行商のおじさんから、弁当を買おうとしたら、エビカクテル・・・食べられないので、コカコーラのみを買いました。1ドルなり。

164.JPG

172.JPG

David Barrは東京のMさんのIntercepterのパラレルをシェイプするところでした。ご期待ください、Mさん。ハンドシェイプです。

今回はかなりCAの滞在が長く、皆様にご迷惑おかけしていますが、ここでは書けない新しいHot Newsもありますので、お店にて是非聞いてください。

CAのトレンドも昨年とは少し変わってきています。そんな新しいトレンドをお客様に生の声としてお届けしますね。もちろんメールでも、掲示板でもどしどし聞いてくださいね。




カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest