XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ 考える
[1]  [2
こんにちは。今日は波が整っている千葉北エリア。当てた人はかなり素晴らしいサーフセッションになったとことでしょう。

さて、日本でサーフィンしていると海外のサーファーとルールの理解度が異なるルールがあると稀に感じます。ドロップイン(前乗り)禁止はわかりやすいのですが、パドルアウトしてくるサーファーは、波に乗っている人の邪魔をしてはいけないというルールが軽視されがちです。

特に、以下の図のことの理解が低い(というか誤解している)方がいらっしゃることありませんか?



図解写真は以下のURLより引用しました(http://www.surfermag.com/features/surfer_on_the_inside/)

インサイドに居るサーファ(注目は左の女性サーファーではなく、波がブレイクするインサイドでパドルアウトしている中央のサーファー)は、波のインパクトを食らってでもホワイトウオーター側(つまり右側・波のピーク側)にパドルアウトしなければなりません。

日本でカリフォルニアより頻繁に遭遇することがあるのは、ショルダー側にパドルアウトして波のインパクトを避けようとして、乗っている人の邪魔(またはクラッシュしてしまう)をしてしまうことです。

ですが、このルールをわかっていない人は

”あぶねーな。乗っている奴がよけろよ!”

という感じの方が結構いらっしゃる。この場合でサーファー同士で当たった場合は、まあ状況にもよりますがほぼ乗っている人ではなく、パドルアウトしている人に非があります。

もともと、インサイドのサーファーが波のブレイクしていないショルダー側に逃げるのは、自分が波のインパクトに当たりたくないから(という自分中心)という結果で逃げるわけであり、乗っている人を考えるのであれば、自分が苦しい思いをしてでも(つまりホワイトウオーター側でインパクトに当たる)乗っている人を優先させなければならないのです。

別に左側の女性サーファーのように、乗っている人に当たらないのであればショルダー側にパドルアウトするのは何ら問題ありません。ですが、波がブレイクするかしないかのゾーンに居る人は、乗っている人がいたら必ずピーク側にパドルしましょう。

ということなんですね。皆様もこれ世界的には結構重要なルールなので是非覚えておいても良いかもしれませんね。

こちらは北カリフォルニアのSan Franciscoのサーフプロジェトです。

昔栗田はこのSan Franciscoで住んでいたのですが、このエリアでも間違いなくサーフカルチャーがあります。

このエリアはある場所はとても裕福なんですが(シングルベットルームで30万とか40万とかの月額家賃)、それでもある場所は犯罪や貧困で苦しむエリアもあります。

そんな場所に住むキッズを、サーフィンを通じてより元気づけようとするプロジェクトです。

こんにちは。

本日は超朝一は風が弱かったのですが、今は風が強くなってきました。南風なんで、その風を交わせる場所であればサーフ可能です。

さて、弊社は世界NO1のブランドであるCIサーフボードのXTR素材を専門として扱っていますが、そのボードブランドで人気のボードモデルである
#4

Fred Stubble

のクリップをお見せしましょう。

#4


Fred Stubble


どちらのボードも日本の力が無いビーチブレイクによくあいます。ももから頭オーバーまで幅広く対応してくれるグットモデルです。

こんにちは。



今日は朝は千葉北沿岸部は、雨・曇り、波は南東気味のオンショア。トップのみだらだら割れる弱い波。実際はかなりやる気の無い海でしたが、1人ロングで結構走っている人がいたからBarcelonaにて入りました。

スペクタクルな波ではありませんが、たまーにくる波をつかむと結構乗れます。ボードの良さも強調されていました。



午後になったら、天気も回復して綺麗に晴れてきましたよ。



そして、Damianの南カリフォルニアから、北はサンフランシスコのOBまでのクリップをどうぞ~。






昨日は関東エリアは大変でしたね。雪や大雨・・・

そして、本日弊社のショールームはお休みいただきました。多くの問い合わせすみません。そして、こちらへ起こしに来られる予定だった方、申し訳ございません。ちょっと雪かきの仕事と、緊急の用事が入ったため、都合がつけられませんでした。

雪・雨の後の本日は晴天になりました。波はここら辺はクローズアウトでサーフ不可能です。南エリアであれば、サーフ可能でした。

さて、今日のような大き目な波には向きませんが、小波だったらこのボードはやばいでしょう!のBradleyのBarcelonaのインプレをアップしました。

一言で言うと

ショートボード感覚の小波系ボード。浮力もバッチリ大目です。

という感じです。



こんな感じでインプレはスタートします。

皆がロングやレトロボードでしか乗っていない力の無い小波コンデション。そんな中でも、ショートボードのフレーバーをきちんと入れ込み、ターンもきちっと行えるデザインがある。それがCBのBarcelonaです。 

もともとは地中海の力の無い風波でも、きちっとターンが出来るボー ドを!とBradleyのライダーから依頼を受けて開発したボードです。地中海は内海で、海の面積も狭いために風波オンリーと言っても良い波質となりま す。その力の無い波を120%ボードに受けて、スピードを出しながらもきちっと回るボードというのがこのボードのコンセプトです。

そして、ターンが出来ても小さな波に乗れなければ意味がありません。そのために多くのボリュームを持たせ、ロッカーを下げています。当然パドルが楽で、そしてテイクオフも早いボードに仕上がっています。

サーフボードインプレッション

 世界トッププロとリファインを重ねてきたそのデザインと、世界屈指の素材であるHydroFlexの組み合わせで、丈夫でそして長持ち、軽く、取り回しが楽になっているのが特徴です。

さあ、持っているだけで満足するシルエット、そしてその小波性能。

あのChristiaan Bradleyシェイプ:世界のエリートシェイパーのその腕の高さを貴方の足元で味わってください。

続きはこちらより

http://www.xtrsurfboards-japan.com/Impressions_CB_Barcelona.html

カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
6
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest