XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ お客様サーフボード紹介
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

皆様弊社でのお買い上げありがとうございます。



C様いつもありがとうございます。

TOMOシェイプのEVOをお持ちのC様は、少し波が良くなったりサイズが大きめになった際にEVOが短く感じていたそうです。そのEVOの使い分けとしてこちらのEL TOMOをお選びいただきました。素晴らしいバイターボ系ツインフィンを持ち、それでいてコントローラブル。なんというドリームボードなんでしょうね!いつもありとうございます。





W様ありがとうございます。ご自宅のすぐ近くに質の高いブレイクがある(羨ましい~)W様はTOMOシェイプを気に入ってくださり、今回はこちらのELTOMOをお選びになりました。説明もすでにいらないくらいの解説をさせていただいている、TOMO傑作ボード!

ハイパフォーマンスなツインフィンならこれしかないな~と感じさせてくれる完成度の高さです。W様ありがとうございます。

その他多くのお客様、弊社でのお買い上げありがとうございます。



皆様のドリームボードも丁寧に梱包し、大切に運送会社さんに任せました。どうか安全に届いてくれますように・・・

栗田











 



サーフィンもハイシーズン! 皆様弊社でのお買い上げありがとうございます。



S様は、TOMOボードのスピード感が気に入ってこちらのSKXにカーボン+ストリンガーレスフォームにてオーダーされました。TOMOとしては見た目がスタンダードなSKXですが、やっぱりTOMOボードなんで驚くほどのスピード感が出ます。そしてジャンクな波にも強い!サズガのTOMOシェイプです。S様ありがとうございます。




Robertsがお気に入り(と私は思っています)のH様は、こちらのRFTDual DensityのMetamorphをお選びになりました。軽く、そして驚くほど丈夫で、そしてそして何より乗り味最高!

ボードをお乗りになれれたS様からすぐにご連絡があり、

”調子いいですよ”

とのこと。初乗りは小ぶりな波でしたそうですが、このボードは頭でも使えるはずです。H様いつもありがとうございます。


 

いつもありがとうございます。T様は、浮力を出しながらも動きも結構出せる驚きのスピードボードのBro FishをRFTⅡにてオーダーくださいました。こちらは乗り味も良く、そして強度が最強!これより強いハンドメイドのEPSはないと思います。性能も大満足です。



そしてそのフィンセットアップも超魅力のこのボードです。あとからツインフィンを購入してPure Twinとしても乗れますので、幅広く楽しめますね。T様ありがとうございます。



U様いつもありがとうございます。こちらは大人気のBro FishをオーダーくださったU様のボード。カラーにも凝っていて以下のKellen EllisonのBro fishと同じタイプの色味ですね。



これは超かっこいいです。ボードも飛ぶようにセクションを抜けてくれるでしょう。U様いつもありがとうございます。

 

S様いつもありがとうございます。こちらはResin Tintできれーにボードに色が入っているBro Fishです。テールを見てください。レトロなツインフィンとは全く違ったよりプルインされているタイプです。だからコントロール性がばっちりなんですね。

でもコントロール性を上げると、スピードが・・・なんて思っちゃうのですが、それがあのTwonzerフィンセットアップでターボチャージャーが付いたような加速なんです。これはやっぱりカリフォルニアからじゃないとなかなか生まれない(もともとTwonzerはBonzerとツインザーを掛け合わせているデザイン=2つともカリフォルニア生まれ)デザインだと思います。

S様いつもありがとうございます。

そして皆様へドリームをかなえる最高のボードを送付させていただきました。



これらが皆様の夢をかなえる素晴らしいボードであること願っています。

弊社をご利用の皆様本当にありがとうございます。

サーフィンもハイシーズン! 皆様弊社でのお買い上げありがとうございます。





 





 

●Meanwhile in Chiba...●

今日はあいにくの雨・風・Poorコンデション・・・・



ですが、出来る波がちょいでもあればサーフィンする栗田はこいつを引っ張り出してきてその名のとおり今日の波であれば



FUN!(楽しい)

サーフィンをしました。まるで夢のようなインサイドランナーをこちらのボードで攻略。

このボードはハイタイドの時や、通常のショートじゃメイクできないとろくて・厚いランナーを攻略する際。他の皆がとがっているボードで頑張っている場所だと疲れちゃうから、波待ちの場所を変えたい時、乗り味の違いを楽しみたい時に使います。



CLは32くらいだから、MantaやSeedより少し少ないのでManta/Seedのほうが若干ですが、テイクオフは速いです。ですが、乗った感じはかなり違いますので、栗田はサーフボードの乗り味の違いを楽しんでいます。

そしてもちろん今日だったらFlyingシリーズでも波を攻略できるのですが、同じボードばかりじゃサーフィンつまらないのですよね。だから、このボードは個性もあるし乗っていて楽しいのでかなり重宝しています。

なぜいろいろなボードに乗るか?それをお勧めするかなんですが、こういった理由もあります。

1つのデザインタイプしか乗っていないと波の見え方がワンパターン化する

様々なボードに乗ると、今まで見えななった(サーフィンできないと思っていた)波が見えるようになる

なんですね~。

水温も上がって、もうシーガルで海に入る方もいる千葉になりましたね。

そんな中、サーフボードの納品で多くのお客様に弊社にてお買い上げいただいています。弊社でのお買い上げありがとうございます。



S様は今お使いのボードがなんだか重い取り回しで、走りも良くないということで、こちらのEVOをチョイスされました。EVOは実際のCL値より最初の走りが速く感じるボードです。それはあのTOMOさんの、Planning Hull理論から来ていて、ボードのスピードを最大化させるからだそうです。

S様ありがとうございます。



いつもありがとうございます。K様は、今回はこのTOMOのDiamond Tailをチョイス。千葉のQS6スターで、Stu Kennedyも持ち込んでいたクイバーです。動くボードなので、フィンは大き目のほうが良さそうですね。K様はサーフィン技術がかなり高い方なので、すぐに慣れてしまうと思います。K様ありがとうございます。



いつもありがとうございます。F様は、ステップアップボードとしてHydronaut、そして普段使いとしてRobertsのWDⅢをオーダーされました。



この2本さえあれば、もう日本のと言わず世界のほぼ90%以上の波に対応できるボードレンジが揃った思います。どちらも素晴らしいシェイプ&素材ですね。F様ありがとうございます。



I様いつもありがとうございます。I様は、驚くほどのハイパフォーマンスFishボードであるDual TwinのEl TOMOをご注文されました。2本同時入荷だったので、重さでご判断!。ちょっとだけ軽いほうをお選びいただきました。

I様このボードでスピード感を楽しんでくださいね。I様ありがとうございます。



I様いつもありがとうございます。I様は波が無い超小波用としてこちらのFlying Mantaをお選びいただきました。個性的な乗り味と、ロングしか乗れない波でも楽しめて、他のショートボードが絶対乗れない・走らない波でも走破する・・・そしてショートボーダーも大満足の動き。これって本当!!??嘘のような本当のドリームボードです。

I様ありがとうございます。

その他多くのお客様、弊社でのお買い上げありがとうございます。



そして更なる納品は続きます・・・・

皆様弊社でのお買い上げありがとうございます。



T様は弊社とご相談の上、Samplerとの使い分けでこちらのB/Wをお求めになりました。先日同じようんSamplerとの使い分けでこちらのB/Wをお求めのお客様も

”これは調子良い”

と太鼓判のB/WモデルはSamplerをお持ちの方で腰~頭半用を探している方へぴったりのボードです。XTR素材で性能もアップグレードしています。

B/Wの新しいストック予定も付け足しました。
↓↓↓
http://www.osidesurf.com/?mode=cate&cbid=978083&csid=11



O様は以前お持ちだったXTR素材の良さが忘れられず、こちらのCIのNFモデルをカスタムしてくださいました。外しの無い定番ボードとして、高い人気を誇るNFモデルです。

またXTR素材の良さを体感してくださると思います。楽しんでくださいね。

そして皆様のドリームボードも送付させていただきました。



今週末までお届けできると思います。お楽しみに~。

●ご連絡●

5月26日(土)は申し訳ございませんが、ショップは臨時休業いただきます。

カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
7
16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest