XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ カリフォルニア波情報
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

これは面白い!So Cal Madness映像



●新しいCreaturesのデッキ入っています●

Creaturesのデッキはこちら
↓↓↓
http://www.osidesurf.com/?mode=cate&cbid=978069&csid=24&page=2


こんにちは。これは面白いNowell9sのNewビデオです。CAはVenturaエリア中心の映像で、RobertsやCIのライダー、そしてTOMOのユーザーが出てきます。

アメリカ人じゃないとわからないJokeも満載・・・なイカしたクリップを作っています。そしてこの音楽の選択も。。。素晴らしい。



VenturaはCAのサーフインダストリーの中心の一つ。San Clementeよりもかなり田舎で、シンプルなライフが送れるある意味素晴らしい場所なんです。

サーファーのレベルもえらい高いけど、栗田のような一般サーファーも楽しめる(混雑少な目で)場所もありますよ~。

こんにちは。

さて、皆さんも知っている方がいらっしゃるかもしれない下の(左)の写真の

Noel Salas(ノエル・サラス)

さんですが、彼はYou tubeで様々なボードのインプレをアップしている方としてかなりUSのサーフインダストリーでは有名です。



Noelさんのライドや画像は下をご参考に。ちなみにOG Flyerですが、かなり評判良いですよ。



そんな彼とXTRがコラボする企画もあるのでお愉しみに。あるお客様からもご感想いただいていますが、

素材ってデザインとともに重要なですね~

と。XTRは業界NO1を目指して常に努力しています。良いものを使いたい人&上手くなりたい30歳以上サーファーに特にお勧めです。

天気が良いですね。気持ちの良い午前中です。



サーフボードは重過ぎても軽すぎてもダメなので微妙なウエイトを確認するために1つづつ確認作業があります。



ある有名ブランドのXTRボードをシェイプするJavierさん。



彼はGreg君。もう10年以上というか、12年くらいの付き合いです。



W様のG-Rabbitです。パワーのある波にあっています。



下のカットマシーンがインダストリーで一番進んでいるマシーンと言われる3DMの最新版。昔は大きなマシーンが性能が良いと言われていたけど、今はコンパクトでメインテナンスがしやすくて、部品が少なくて、そして性能が高いマシーンが最新なんです。



ですが、その頭脳のコントローラーのコンピューターの性能と、各部品のサーボの速さや動きの滑らかさが別次元。

車のエンジンで言えば、ダウンサイジングターボ?みたいな感じです。

1.6Lしか排気量がないのに、3LのNAターボのエンジン並みの性能を発揮して燃費は小型車みたいに良いというイメージ。

WallyさんI(彼も素晴らしいシェイパーです)と顔認識したカメラが追跡をする動きを確認しているところ。初めて知りましたが、自撮りにかなり助けになるデバイスですね。





XTRセールスの元プロサーファーのShey君がそのデバイスの性能に驚いて笑っています。



そしてその後に海にサーフをしに。見た目はいいけどポヨポよですね。





しかしこのRobertsのDream Makerも傑作ボードとなりそう。皆様に自信をもっておすすめします。

適度なボリュームを持っていて、もちろん走り出しが早くて、そして乗った後のドライブ感というかテールのしっかり感。そしてターンをするにしても軽いタッチでターンができます。

もうオーダーできますよ。ページも不完全ながら作ったので

URL:http://www.xtrsurfboards-japan.com/Roberts_Boards_DreamMaker.html

でご確認どうぞ。



尖ったボードが苦手な方も行けるユーザーフレンドリーなボードです。でもかなりパフォーマンス度合いも高いです。



その後にMattisonさんと打ち合わせ。韓国からのお客様も来ていて、一緒にスケートしました。真ん中のブロンドの女性はMattisonさんの娘さんです。お母さんにかなり似ています。



でたー、栗田はかなりへっぴり腰ですね。

  

そして改良を加えたNewモデルを見せてもらいました。Flying Sea birdです。







これも良さそうです!

こんにちは。

さて、午後は腰が痛くて最近サーフィンしていないJavierさんを強引にさそって

”海にパドルをしに行こう。腰痛いならば。気分も爽快に!”
*自分はサーフィンしますよ

ということで近くのOceansideのビーチへ行きました。



ビーチフロントに止めて準備です。ファクトリーからすぐにこんなテストグラウンドがあるなんて羨まし~。



Javierさんは、新しい素材のJHPシェイプです。ボードは素晴らしい質感を持っています。栗田は波はいまいちながら、このEl TOMOです。



これが新素材のプロトタイプのルックス。パラレルカーボンフレックスという名前だそうです。



栗田も持ってみました。超軽いんです!でも強度も高いと言っていました。



パドルしてあーさっぱりしたと言っていたJavierさん。海に入らないと心の病気になりそうだとも言っていたので海の力の偉大さを感じます。このブログを見ている皆さんもそうだろうけど、海に入るとすべてがリセットされるような感じになりますね。

最高のリフレッシャーです。



その後彼はシェイプルームでお客様のボードをシェイプに。

彼は名前は出せないけど、世界チャンプやCT選手などのボードをバックヤードシェイパーとしてもフィニッシュするほどの腕前なんです。

嘘じゃないですよ。実際そのボードも見ましたし。

 

下の写真はお客様のEL TOMOのFXⅡ仕上げ。一番丈夫なラグジュアリーボードですね。Made in Californiaですよ!



その後にまた自分がテストするために同じビーチブレイクへ。Metatmorphは最近PerformerのMのフロントと、PerformerのMのQuad Rearで乗っています。最近はこちらのほうが好みです。EVOでもこのセットアップしています。






このフィンのセットアップはリアーのQuadがSよりも安定していて、最近は好みです。動きだったらSサイズで、安定性だったらMですね。

 さて、9時間の旅を経てやっと来ましたOside(Ocnenside)。



朝は日の出付近はハイタイドながら、場所を選べば腰くらいの波があるクリーンなファンウエーブ。写真はサーフ後ですね。



自分としては今乗っているパフォーマンスボードの心地よい数値のこのDream Makerですが、Robertボードはロッカーが早いのでテイクオフがスムーズかつ速いです。





クリーンなラインをもつ美しいボードですね。風景も!



その後にEpoxy Proへ行って新しい素材についての打ち合わせしました。カーボンだけでもいろいろな種類があります。



今ストリンガーレスボードの研究がどこも盛んですが、任せてください!XTRは10年以上前からその研究&テストをしていて、性能が高いストリンガーレスを生み出しています。



これはTOMOのEL TOMOですね。ストリンガーレスフォームに色は Foam Greenといったところでしょうか?綺麗な色ですね。



その他数多くのXTRが・・・弊社に届くものもたくさんあります。

グラス途中のDiamond TailをチェックするJavierさん。



こちらはストリガータイプですが、ストリンガーにもこだわりがあります。



ということで、前半はここまで。後半に続きます。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
7
16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest