XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ AKAシェイパーのJayとのボードミーティイング
[10]  [9]  [7]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
こちらカリフォルニアは、本日は温暖な天気。そんな中、本日はAKAのシェイパーのJay Novakのところへ、XTRボードのプレシェイプを届けに行きました。


AKAのシェイパーのJayは日本の人にはあまり知られていないですが、この人素晴らしいシェイプします。誰も知らなかった名シェイパーを、日本のXTR For Japanをやっている社長であるTetzさんが探してきたのです。最初のシェイプを見た瞬間に”これだ!!!”とすぐに、日本に紹介すると決めたほど、優れているシェイプで、実は大手サーフボード工場のバックヤードシェイパーとして、長年の経験を積んでいたのです。筆者もすでにAKAのボード持っていて、こちらもPulse、SBと同様に素晴らしい。AKAはレールが特徴的で、丸い・ソフトなレールがこれまた惹かれます。



そんなこんなで、まずはプレシェイプをしているエポキシプロへ。最近のエポキシプロのプレシェイプマシーンの正確さは凄まじく、ミリ単位でプレシェイプをします。プレシェイプはどうなっているかな~と、まずは、関係者以外は入れないというエポキシプロのR&Dセンターとも言える部署へ。。。 秘密の洞窟のような通路には、研究用のXTRブランクスやら、プレシェイプを待っているブランクスでいっぱい。奥に行くと、Javierの右腕ともいえる、エポキシプロのAndyがプログラムの調整をしていて、すこしテクノロジーについてお話。


そして、プレシェイプ後のフォームをついにゲット。AKAの場合はシェイパーが調整する所を多く残したいので、すこしだけラフにプレシェイプ。写真はSuper FlyとFlyBy-Proモデルの2本のプレシェイプです。
本日はこれに合わせて、Shey YatesモデルとFlying FishのプレシェイプをJayにもって行きました。



Jayの所へ行くと、彼は100%ハンドシェイプをしていて、ダブルウイングスワローのフィッシュをシェイプしてました。彼はサーフィンとサーフボードに対する情熱が素晴らしいのが、いつも伝わってきますね。 ”キリの良いところまで待って”と言われて、彼のシェイプルームの外で、ふらふらと工場の人と話しながら待っていると、”Come Here"とオーケーサインが。Jayのボードのプレシェイプを渡すと、念入りにシェイプをチェック。いつもいつも、サーフボードのデザインについて僕に細かく教えてくれて、非常にためになります。



そして、4本ともオーケーが出たので、これからハンド仕上げを行います。良いボードができると言っていたので、楽しみ楽しみ。 XTR For Japanカリフォルニアオフィスからお伝えしました。

Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
6
17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest