XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
●明日の予定●

・明日はショップ&会社は定休日です。

●All New CI Fish●

さて、今世界は超フィッシュブーム(カリフォルニアでは2年くらい前からブームでしたね)。そんな中、あのCIサーフボードもFishボード出してきました。

アウトラインシェイプはBro fishとTwinzerの中間な感じです。動くし、スピードも出るというモダンフィッシュですね。

CI Fish(シーアイフィッシュ)

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズサーフボード

 


【CIサーフボードが提案する次世代モダンフィッシュ】

 

新しいデザインを持つCIサーフボードの次世代フィッシュボードがこのCI Fishです。レトロフィッシュを更にリファインして、テイクオフやグライド感はキープしたまま、パフォーマンス性能を向上しています。これ1本で小さなビーチブレイクから頭サイズのポイントブレイクまであらゆる波に対応します。

 

もともとCIサーフボードは2005年にRetro Fishというモデルでフィッシュボードをシェイプしていました。その2年後にはそのオリジナルボードをリファインしたSkinny Fishをリリース。そのSkinny Fishは4フィンセットアップでした。今回のこのCI Fishは、オリジナルなツインキールフィンでダウンザラインのスピードを上げながらも、以前の2モデルよりもパフォーマンス度合いを上げるアウトラインシェイプを持ち合わせるボードとなりました。

 

これによりショートボーダーが乗っても違和感の無い乗り味を生み出しています。通常レトロフィッシュは乗ってしまえばスピード感はありますが、CL値と比較してそれほどテイクオフも速く無く、乗った後ものっぺりとただ単に波の上をゆらゆらとする感覚です。縦に動かそうとしても自由になかなか動かせません。

 

しかしこちらのCI Fishはフィッシュボードのスピード感・グライド感を持ち合わせながらも、プロサーファー(CI Team Ridersの Dane Gudauskas, Sage Erickson, Conner Coffin, Mike February, そしてAlex Grayら)が扱ってもその楽しさで癖になるような素晴らしさを持つのです。

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

この新しいTwin FinはFuturesフィンから発売される、CIのAMK Futuresフィンが最も適しています。このツインフィンはクラシカルなアウトラインに、モダンなフィン角度とフィンのフレックスパターン&ふぃいるパターンを合わせていて、このツインフィンのパフォーマンスを上げるフィンとなります。

 

ボードはとても乗りやすく、ひざからアタマくらいの波の時に最大の性能が発揮出来ます。弊社のスタッフの印象だと、XTRサーフボードの性能高く、EPS系よりもXTR素材のほうが波がガタガタしている時やオンショアの時などに板が落ち着きます。また風が強すぎる場合もEPS系よりXTR素材のほうのアドバンテージを感じますので、XTR素材がNO1と感じます。

 

素材はPUより圧倒的に強く、そして軽く、水を吸わないXTR素材。PU素材の1層巻きのような軽さと反応の良さに、3~5倍の長持ち強度を持つハイテク素材です。シェイプはAUSや南アフリカ、バリなどのライセンスシェイプでは無く、100%カリフォルニアシェイプ&グラッシングのCI本社製品となります。シェイプの良さに加え、長い間新品の乗り味も続くので、PU素材より圧倒的にお得です。XTR素材の正規品はリセールバリューも高く、トータルの価値の高さもあります。

 

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

このサーフボードはカスタムオーダー対応です。

 

アルメリックサーフボード

 

サーフボードのサイズやモデル選びなどで困ったら-そうだ!一番ボードのことを知っている、プロに相談しよう。

 

サーフボード選びカウンセリング

■ボードデザイン■
全体の厚み・レール:薄い~標準
ノーズシェイプ:幅広ポイントノーズ
テール幅:広め
エントリーノーズロッカー:弱め
テールロッカー:弱め
ロッカーのスタイル:2ステージロッカー
アウトライン:直線的なアウトライン

■パフォーマンス■
得意なアプローチ:パワーサーフィン/カービング/クルーズスタイル
フッターの適正:ナチュラルフッター(だがボードのスイートスポットが広いのですべてのタイプ)
適正サーファー:初・中級者~上級者まで

■適正の波■
サイズ:もも~頭+
波のタイプ:ビーチ/リーフ/ポイントブレイク(すべての波のタイプ)
波のパワー:弱い波~中くらいのパワー波まで

■適正サイズ■
CL値を参考にした設定体重に合わせたサイズですが、浮力は多めが推奨。

 

■標準サイズのスペック■

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

ボード素材

CIチャンネルアイランズサーフボードアルメリックページ

 

テールチョイス

スワロー

 

■価格■

それぞれのグレード・オプションの価格についてはこちらのページをご参照ください。

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

 

CIチャンネルアイランズ(アルメリックシェイプ&デザイン)サーフボードアルメリックページ

●明日の予定●

・通常営業予定です。
・フリーご相談可能です。

●TwinzerとBro Fish●

こんにちは。さて、今日は波がいまいちだったので(トロ&ショート)、Project Mの第二弾としてTwinzerとBro Fishの比較をするために久々Twinzer乗ってみました。



このボードもSpace Knightあるし、Bro Fishはいいしなので売ってしまおうかな。。。と思っていましたが、いやいやこれは売れません。

・テイクオフ激速い
・乗った後のグライド感&スピード最高
・どこまでも走っていくパワー

という感じで、通常のボードじゃあつまらない波も楽しく乗れました。Bro FishとCL値は同じくらいになっているはずだけど、明らかにTwinzerのほうが浮力がある(というよりボードの後ろ側に浮力を感じる)ように感じます。







動きもBro Fishはテールが軽く、浮いている感じがあるのですが、Twinzerはカチッとテールがはまります。

同じ長さだったら多少Bro Fishのほうが短く感じられます。Twinzerはよりグライド重視という感じですね。

そしてこちらのCIサーフボードの大注目ボードのNBⅡの解説アップしました。これは小波用というより小波~中波の短めオールラウンド楽しいパフォーマンスボードですね。XTR素材超お勧めです。

NB2はこちら

https://www.xtrsurfboards-japan.com/CI_board_NeckBeard2.html

●明日の予定●

・通常営業予定です。
・フリーご相談可能です。

●皆様ありがとうございます●

さあ、もう12月になってしまいましたね。今年は皆様いかがだったでしょうか?

10月~11月は、千葉北は波に結構恵まれていたと思いました。12月も同じようだとうれしいですね。

さてここで弊社のお客様のボードをご紹介します。



T様ありがとうございます。T様はあのRobertsの傑作ボードのWhite DiamondオリジナルをXTR素材×Resin Tint(樹脂カラー)でスペシャルオーダーしてくださいました。

オリジナルのWhite Diamond(WD)はよりスピードを重視していて、今となってもその素晴らしさは変わりません。

TintカラーはXTRではかなり難しいのですが、こちら合格点の色だったでしょうか~。T様いつもありがとうございます。




W様ありがとうございます。W様は隠しメニューボードのJHPのX6ステップアップをオーダーくださいました。年末にアイランドトリップでお使いになるそうです。I様もこちらの手配ありがとうございます。

色もこちらもイメージに近いとうれしいです。W様I様今後ともどうぞよろしくお願いいたします。




K様ありがとうございます。K様は今まで最高のマジカルボードだというEVOをサイズ&素材を変えてオーダーくださいました。こちらはあの最新構造のXTRParallel Carbon素材です。

EPSコアーにはないしっかりと密度の高いフレックスと、ストリンガーレスボードの良さを最大に生かした世界でこれしかない素材です。乗ったらわかりますあの素晴らしさ。。私もOB1とこの素材の組み合わせでサーフィンライフが豊かになりました。

K様いつもありがとうございます。

ちなみにこのParallel Carbonとても人気が高くて、皆様最近のカスタムではこちらをお選びになる方も多いです。





こちらはアメリカのDefrost君のHydro squash。見た目もParallel Carbonカッコいいですし、性能もばっちりです。

●明日の予定●

・通常営業予定です。
・フリーご相談可能です。

●委託ボード入りました●

超浮力タイプとして使ってもよし、そして体格の良いサーファーの最強のこれ1本ボードとしてお勧めの委託ボード入りました。




委託ボードはこちら

https://www.osidesurf.com/?mode=cate&cbid=979041&csid=0


●おまけ●



そして今日は波がいきなりスモールに。。。風もいまいちでパワーレス。。。なのでこちらでクルーズしました。Bro Fishです。



フィンはEL TOMOのフィンをつけてツインで乗りました。つまりあのパワードライブフィンとほぼ同じ形ってことですね。これでも十分機能します。

イメージは

Rastaツインやツオンザーよりツインっぽさが出てルースに

という感じでした。

●明日の2日の予定●

・通常営業予定です。
・フリーご相談可能です。

●オニールの最新冬アイテム入荷●







冬用アイテムはこちら
↓↓
https://www.osidesurf.com/?mode=cate&cbid=1114030&csid=0

カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest