XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ Bonzer 3D
[3202]  [3201]  [3200]  [3199]  [3198]  [3197]  [3196]  [3195]  [3194]  [3193]  [3192

サーフィンはうまくなるだけでなく(うまくなることを否定してはいませんよ!)、サーフボードの乗り味の違いを楽しむということもあります。

そんなサーフィンの楽しみを新しく発見させてくれる

CIサーフボード×Campbellブラザーズ

のコラボボード第三弾のBonzer 3Dのクリップの要約です。でもかなり変えてありますので、英語ができる人は、正しい訳じゃないと突っ込まないでくださいね~。要旨をまとめて私なりに書いたものなんです。



Bonzer 3D

まとめ要約

Bonzerシリーズの第二弾。5フィンバージョンのBonzer Biscuit、ハイパフォーマンスボードのShelterとの中間の位置づけのボードです。

Bonzer BiscuitとShelterは5フィンベースのBonzerボードですが、こちらは3フィンベースのBonzerボードです。ボードのプロジェクトの始まりは、Dane Reynoldesが3フィンベースのBonzerボードに乗ってみたいと提起をしてくれたことから始まります。

そこでレジェンドシェイパーのMalcom、Brit Merrick、Dane Reynoldes(彼はボードシェイプについて多くの知識と経験がある)といろいろ意見(アウトライン・ロッカーなど)を交わしながらハンドでボードを仕上げていったのがこのBonzer 3Dです。

ボードは、小波から中波に適しているボードデザインです。そして、通常のハイパフォーマンスボードの描くラインとは異なり、ダンザラインでのスピードやカービングを描くことを楽しむボードとなります。通常のハイパフォーマンスボードより、短く・幅広・厚めにするのがおススメです。

ボンザーはボードのボトムを流れる水流を、サーフボードのスピード(リフト)に変えるのが特徴なボードで、そういったフィーリングを楽しんでいただきたいです。つまり、ボードの速さ・ルースさ・そして楽しさを味わうモデルなのです。

違ったデザインのボードの味わいは、ボードの特性を発見してそれに合わせて乗ることなのです。新しいサーフィン・サーフボードデザインを体感し、新しい経験を得ることがサーフィンの楽しみともなります。

Bonzer 3Dはこちら

●おまけ●



昨日の雨とは異なり、今日は朝から気持ちの良い晴れです。波は良いかな?と思うんですけどあまり良くないです(注意:栗田がやったところはです)。

ですが、こいつを引き出して楽しみました。





PⅡです。これも間違いなく良いボードですね。乗った後のスピード感はやっぱりTOMOだなあ~と感じます。走り出しの良さはTOMOボードの当たり前な性能なんですが、EL TOMOともEVOとも違うタイプですね。

ボードの違いも楽しめるのでこれも欲しくなってしまうデザインとなってしまうでしょう。



ボードのフィンは4フィンが私は好みなんで、ドライブ重視のRobertsのMサイズをつけています。

そしてこのチャンネルがやっぱり魅力・・・TOMOボードに乗ったことがある方は。そのスピード感がこのチャンネルによって引き出されていると感じているのではないでしょうか?

是非皆様もこちら乗ってみてくださいね。XTR素材のTOMOデザインとの相性の良さもやっぱりと思ってくださりますことでしょう。

SP2はこちら

Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest