XTR/Hydro Flexサーフボードジャパン - サーフィンブログ 皆様ありがとうございます
[2503]  [2502]  [2501]  [2500]  [2499]  [2498]  [2497]  [2496]  [2495]  [2494]  [2493
本日も数多くのサーフボードのご注文・お問合せありがとうございます。



さて、先週かなりの量の入荷があったのでお客様に送付させていただいたボードやお渡ししたボード、そして完成の連絡をさせていただいたボードも多くありました。






カスタムオーダーの量ではNO1のRobersサーフボード。はずれが無いボードブランドとして、昨日オーダーされたお客様もおっしゃってくれました。

素晴らしいブランドであることは間違いありませんが、実際ははずれなものは、弊社スタッフが引いています。

というのは?

サーフボードはもちろんあうあわないがサーファー・波ごとにあります。合わないボードを買った時のあの悔しさは半端ありません。私もボードメーカーにはサポートなどはされない一介のサーファーだった(で、今もそう)からです。

弊社のスタッフはほぼすべてのRobertsボードを自費で買ってテストします。

この自費というのがキーだと思っています。確かに仕入れ値でサーフボードに乗れますが、チームライダーのような割引はありません。全くの仕入れ値の実費です。すべてのモデルを買うとなるとかなりの額です。

あのRobertsですら、当然はずれというか、日本に合わないロッカーなどもあります。それは世界トップのブランドにもです。

それを事前に弊社が自費で痛い思いをしながらも試して、そこで調整などもします。それはサイズ感・微妙なデザイン&フォイル、そして素材にもです。1回の試乗だけで進めているわけではありません。

その後にお客様には損の無いようなサーフボードのお勧めをさせていただいています。こちらも事前の投資をしてある意味痛みを伴っているので、本当に本気にわかっています。

ということで、是非弊社プロデウースのRobertsサーフボードのほうご検討くださいね。こちらも彼のボードと親密なコラボをして、常に連絡を取り合っていて、弊社からの日本向けのボードには自信あります。

最近はMeat Cleaverが人気で、多くのカスタムいただいております。

こちらのボードですね。



そして最後にご紹介は昨日RFTⅡのThe LipをピックアップのT様。笑顔が超素敵です。

 

素晴らしい質感のボードで、軽くて、そして丈夫。新素材のRFTⅡも人気です。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
3
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest