XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ Album Surfboards
皆様こんばんは。XTRサーフボードの栗田です。

さてスタイリッシュサーファーが御用達のあのAlbum。その性能も間違いありません。





最近こちらも人気が出てきたボードでPlasmicというモデルがあるのですが、このモデルにはデザイン完成までのストーリーがあります。栗田が先日そのストーリー実際に聞きました。

●ボード開発ストーリー●

2019年の最初にシェイパーのMattがソフトTOPプログラムい使うデザインを考えていました。最初はSubモデルの5’0”くらいで浮力たっぷりにして、それでいて動きも出せるようなモデルを考えていました。

 最初はシェイプボードでのプロトタイプを作成始めたのですが、Subをそのまま使うボードよりも、更にエレクトリックなサーフボードということで、短くて、浮力が多くて、ツインフィンセットアップで、ダブルコンケーブを強調したボンザーチャンネルのボードを作り上げたのです。それを、Josh KerrとAsher Paceyにテストしてもらったのです。

このボードは、AlbumのライダーになったAsherが初めて私のシェイプを試したモデルでした。このボードは優れていて、JoshもAsherもすぐに虜になり、その魅力にはまってしまったのです。

ボードはもしもSunstoneを持っているならば少しだけ短く、そして少し厚みを増してサイジングしてください。そしてボリュームは通常のパフォーマンスボードより3~5L上げてくださいね。まったくその数値を上げても恐れることありません。むしろスピード感&フロー感が高まり究極の楽しさを味わえるはずです。

皆様AlbumのXTR素材ボードどれも最高に調子良いですよ~。

●明日17日の予定●

ショップ=11時~15時
会社=10時~18時

・インターネットでのご注文は24時間受付中なので、インターネットでのお買い物はお楽しみいただけます。

インスタもやっています。フォローしてみてはいかがでしょうか~?

https://www.instagram.com/xtrsurfjapan/

XTRサーフボードJapanのメインサイトはこちら

https://www.xtrsurfboards-japan.com/

●Albumのソフトトップ●

皆様こんばんは。XTRサーフボードの栗田です。

 

さて発売以来高い人気で売り切れ続出!というわけではないのですがチョコチョコと出ているAlbumサーフボードのSoft Top

そのAlbumのユーザー様からインプレ届きました。

●インプレ●



こんにちは。いつもお世話になっております。

Album Presto Fish 早速乗ってみました。

ツインフィン入門、小波ハンターくらいの軽い気持ちで購入させてもらいましたが、他社製のソフトボードとは全く比べ物にならない性能でした。

弱めのモモから最大セット肩までライドし、大きめの波ではスピード感あふれる最高のライドができました。テイクオフの速さはもちろんのこと、ダウンザラインのスピードをロスすることなく爽快なトラックをインサイドまで描けました。

このボードの
EPSコアのしっかりとした反発力が感じられ、体重をしっかり移動させて心地よいターンが可能でした。


栗田さんのアドバイス通り、大きめの高さのあるフィンがとても合っていてボードとの相性ばっちり、抜群の安定感でした。

他社製のソフトボードは、ぼてっとして動きも制約されていますが PrestoFish はレールラインもしっかりとした構造なので、気持ちよくライド出来ました。小波では快適なフロー感、ムネ~カタならツインフィンのMAXスピードと気持ちよいルースさを感じられました。

しっかりした作りなので陸上では多少重量感は感じますが、サーフィン中は芯のある重さがとても安心感があります。ただ大浮力なので、ドルフィンは体重の軽い方には少し難しいかもと感じました。

シェイプボードには敵わないかもしれませんが、私にとっては最高のツインフィン入門&小波ハンターになりました。Softtopですが、もうすでにお気に入りボードで必ずクルマに入れています。本当は誰にも教えたくないけど、いい物なので教えたくなります(笑)
 
Album Surfbordsのデザイン力、Made in USAの技術力を体感しました。またサーフィンが好きになりました。
 
簡単ですが、Presto Fishのインプレでした。また海でお会いしましょう(^^)/

というグットインプレッション。

私も乗りましたが持ってみるとそれなりに重量感があるボードなんですが、海で乗るとそんなに重くない~!不思議な感じです。

T様貴重なインプレありがとうございます。
皆様こんにちは。XTRサーフボードの栗田です。

さて最近立て続けにオーダーいただいている大好評のAlbum。そのシェイパーのMattさんが一押しのミッドレングスがこちらの



Twonsendです。最初はステップアップボード的な感じじゃないのか?と思ったのですが、シェイパーに聞くとこのボードはもっとエッグボード的なボリュームとロッカーをち

”ショートボードに慣れている方が違和感なく移行出来る”

”そしてその上でミッドレングスの素晴らしさが味わえる”
”非対称テール+ツインフィンがボードにスパイスを与えて、様々な波のコンデションにも高いレべルで対応できる”

のがこの左右非対称テールツインフィンモデルです。ロッカーも弱めで、そしてアウトラインも乗り手に優しいのですべのサーファーが愛すべきモデルとなるでしょう。


とメッセージくれました。素晴らしいポジティブのフィードバックのボードらしいですよ。私も1本これはいかないと。。。。と思いました。

どうぞご参考にしてみてくださいね。サイジングもシェイパーと話して(これ本当です)決められるのでこれもメーカーと直接つながっている弊社オンリーのサービスです。外しがありませんよね。

●明日18日の予定●

ショップ=11時~15時

会社=10時~18時

・インターネットでのご注文は24時間受付中なので、インターネットでのお買い物はお楽しみいただけます。

インスタもやっています。フォローしてみてはいかがでしょうか~?

https://www.instagram.com/xtrsurfjapan/

XTRサーフボードJapanのメインサイトはこちら

https://www.xtrsurfboards-japan.com/

●Album surfboards Twonsendモデル●

こんばんは。XTRサーフボードジャパンの栗田です。

さて、最近

このブランドのXTR素材は間違いない

と評判をいただいているのがこちらのAlbum surfboards。シェイパーはサンクレメンテでボードメイクをするMatt Parkerさんです。

その彼が自信をもって出す次世代のミッドレングスツインフィンがこちらのTownsendとなります。



【誰も真似ができないオリジナルデザインかつ機能的なミッドレングスFish非対称ボード】

非対称ボードで高い性能を生み出している、カリフォルニアサンクレメンテのアルターナティブボードメーカーのアルバムのミッドレングスツインフィンボードです。

余裕のボリュームを持ちながらも、マニューバー性能を高めたミッドレングスです。Social系のボリュームミッドレングスではなく、通常のショートボードの延長線上のミッドレングスツインフィンです。通常のミッドレングスは4+1や2+1で乗ることも多いのですが、こちらはツインフィンでダウンザラインでの抵抗を無くしスピードを最大化しています。

テイクオフ後のもっさり感は一切なく、スムーズなテイクオフから高速でのダウンザラインでの走り、そして波の上下を軽いタッチでアップ&ダウンできる爽快感あふれるミッドレングス系のツインフィンです。

非対称テール形状&フィンの位置のデザインボードにしていることで、ツインフィンの欠点のバックサイドでボードがロックしてしまう点を解消。バックサイドでもより自然かつより簡単にターン&トリミングが可能となっています。

ロングボードアルターナティブ(リングに乗らないショートボーダーのための)ミッドレングスで、小波かつ弱い波の時から使えます。そしてアウトラインを工夫することによって、頭~頭オーバーのサイズであっても機能するという対応幅の広いモデルです。



もうオーダー可能です。サイズ感は難しいと思いますので、長さとCL(例えば6’4”でCLは35L欲しいとか)のイメージくだされば弊社でシェイパーと調整します。ですので、お任せが良さそうですよ。

URL:https://www.xtrsurfboards-japan.com/cm_Album_custom/clipmail.html

栗田






カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
Template by Crow's nest