XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ お知らせ
[1]  [2]  [3]  [4

●明日の予定●

・通常営業予定です。
・フリーご相談可能です。

●自分にあったサーフボード選びとは?●

寒くなりましたね~。寒がりの栗田はもうフル装備です。ですが今年はドライのほかに秘密兵器があって、こちらのオニールのウエットスーツ。サイコフューズというウエットですが、通常の5/3㎜より、こちらの3mmオールのほうが温かい~。水があんまり入らないからだと思います(ちょっとは入りますよ)。




3㎜だからパドルも楽です。最近のウエットスーツの進化は凄いですね。

最近よく考えるのですが、

自分に合ったボードとは?

というこです。

以下のような動きをするパフォーマンスボードも良いのですが、



でも、自分にはFishボードのBro Fishみたいなほうが波がいまいちな場合はあっていると思いました。パフォーマンスボードでは、混雑気味な海を乗り切れるほどの技量も無いですね。



Bro fishでも動かないことはないですよ~。やっぱりサーフィンは乗ったほうが楽しいですし。たまには空いた海でパフォーマンスボードも悪くないなとは感じますけど、でも。。。

と葛藤ですね。

ある有名なシェイパーが言っていましたが、

”浮力は限りなく上げて、パドル力とテイクオフは早く、でもなんとかこうにか自分の力量の最大の技術を使ってリップしているように出来るボード!”

という感じが自分には合っています。



〇明日の予定〇

明日9日~20日まで海外のため不在です。

〇お客様ボードご紹介〇



S様ありがとうございます。S様はあのTOMO一番人気のEVOをXTR SL-Whiteフォームストリンガーレスにてカスタムくださいました。S様はこのフォームのフレックスが気に入っていて、こちらのフォームでのボードをXTR8.0グラスにてオーダーです。

EVOはまさにショートボードのEVOLUTION(革新)的なデザインで、それがXTRのカスタムフレックスによって更にブラッシュアップされるのですよね。

S様ありがとうございます。



S様ありがとうございます。上のEVOをオーダーと同時に大人買いのS様はTOMOのHydro Shortをオーダーされました。

こちらはHydronautを幅広・短めにしたボードで、日本のビーチにもあうHydronautのステップダウンバージョンです。こちらもXTRのSL-Whiteストリンガーレス×XTR8.0という組み合わせでのオーダーです。

S様いつもありがとうございます。



T様ありがとうございます。T様は、今持っているXTR素材ボードの後釜として、今回はこちらのELTOMOをオーダーされました。こちらはXTR-SLセンターブルーのフレックスでフレックス度合いとしてはMediumくらいです。

持った瞬間からわかるこのオーラ―と調子が良さげな雰囲気。流石~TOMOのハンドメイドボードは違いますね。

見た目はそのフィンと相まってラディカルなんですが、実際は超ウルトラスムーズなボードで、乗りやすくて、そして速いスペシャルなボードとなります。

T様ありがとうございます。



S様いつもありがとうございます。

S様は、あのレジェンドシェイパーのGarry Lindenの人気ミッドレングスのCompressorをオーダーされました。なんとまだLinden XTRでオーダーできるんですよね~。実はLindenはOceansideで現役でシェイプもしていて、そしてビックウエーブにもチャージするコアーサーファーなんです。

S様いつもありがとうございます。

その他多くのお客様、弊社でのオーダーありがとうございます。

栗田が出張中もオーダー絶賛受付中です。シェイパーに話してオーダー出来ますね。

●お知らせ●

明日の26日(日)はサーフボードご相談のご予約はショップですべて埋まりました。ご予約してくださった方、ありがとうございます。

*修理ボードお渡し・受付/小物販売は時間を見て随時いたします。
●お知らせ●

明日の

11月23日(祝日)

は弊社のショップはお休みいただきます。


ご不便掛けますがどうぞよろしくお願いいたします。

栗田
●お知らせ●

明日の

11月23日(祝日)

は弊社のショップはお休みいただきます。


ご不便掛けますがどうぞよろしくお願いいたします。

栗田
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest