XTRサーフボードジャパン /O Side Surf- サーフィンブログ Hydro Flex

こんにちは。

さて、M様は弊社のボードを多数ご愛好いただいていますが、今回はこれ!



Daniel "TOMO" Thomson ×EVO×XTR素材ハンドメイド

です。彼の手による素晴らしいオーラをもつ1本。驚愕のスピードに酔いしれてくれるはずです。

EVOはこのチャンネルが特徴なんですが、なんでチャンネルがあると速いかというと、それはハイドロダイナミクスという理論で


”広い場所から狭い場所に流水があると、その狭い場所では水が速く流れる”

という理論からなんです。有名なベルヌーイプリンスパルですね。例えばパイプを考えてください。太いパイプから、狭いパイプに水が流れているとします。その太いパイプの流れスピードは遅く、狭いパイプの水のスピードは速いのです。そして水が速く流れる場所のプレッシャーは下がるのです。

これはエアロダイナミクスにも当てはまります。視点を変えて理論を使うと野球で言えば、なぜカーブボールは曲がる(または落ちるように曲がる)かも説明できます。

ですが。エアロダイナミクスは空気。ハイドロダイナミクスは水なんですね。水と空気はその粒子の大きさが違うので、ハイドロダイナミクスとエアロダイナミクスをごっちゃにすると、サーフボードはうまくデザインできないんですよ~。

チャンネルのベーシックな考え方はこんな理論に支えられています。こう考えると、数学とか理科って面白くありませんかね~?学校の授業は役に立たないって言っておられる方もいますが、そうではない気もします。新しい視点を与えてくれるきっかけになる(先生が良ければですよ)んです。意識して使える知識と、なんとなく知っていて使える知識の差は大きいのではないかとも思いますし。

難しい話はここまでにして、さてこちらは世界トップのエアーテクを持つChippa Wilsonと、XTR素材も愛するPeter Dのカナダでのライドです。最後のチューブは波が半端ありません。






こんにちは。本日は波は弊社付近はまとまらず・・・夕方少し見てみようかなという感じ。明日は出来るかもしれないです。

今が絶好調シェイパーのRobertのWhite Diamond。こちらはDaneが乗って有名になりましたが、実際乗ってみて日本の小波にジャストフィットです。小波でもタイトかつスピードに乗ったサーフィンが出来て、そして走り出し・テイクオフが早いというまさにスーパーマジックボード。

2e612c10.jpeg



以上のクリップでもDaneがDan Malloyと交換して乗っているボードで、White Diamondがあります。こちらはDaneいわく

フル・厚め・エポキシ・そして楽しい

と言っています。僕が思うにこのWhite Diamondは、ノーマルのPUではなくエポキシカスタム素材がベストです。

9962e883.jpeg

0ebc4a38.jpeg

そんなRobertsのWhite Diamondのストックボード予定付け足しておきました。

Robersの入荷予定ボードはこちら

ちなみに筆者はポリも持っています。XTRやHydroをメインで販売していますが、ポリもテストで乗ったりはするのですよ。僕はポリは一度乗って気に入ったら、もうほとんど使いません。理由は、使えば使うほど最初の良い乗り心地はなくなってしまうからです。

生活がかかっていて、ある程度本数ももらえる+試合に出るプロだったら、”これだ!!最高”と感じたボードはたぶん毎日は使わないかもしれません。毎日乗ったら、いざという試合のときには乗り味が変わってしまっている可能性があるからです。

ただし、PUの良いところもたくさんあります。

・一番コストが安く製造できて、しかも早く作れる(Epoxyは固まるのが遅いから、PUほど早くは作れません)
・デザインR&D(デザイン研究開発)目的のボードはPUが早く作れるからベター
・乗り換えサイクルが早い人には安価だからトータルで安く上がる可能性あり

などなど。ただし、エポキシカスタムの良いところもたくさんあります。そのひとつが小波(ひざ~頭)系ボードです。小波ならば、やっぱりポリ一般巻きだとどうしても浮力とか走り・軽さなどでカスタムエポキシにはかないません。

ちなみにHydro FlexのNaturalはエポキシ巻きって知っていました?そう、Naturalはポリエポキシハイブリットに3Dラミネーションを入れ込んだハイブリットのハイエンドバージョンです。

話が飛んじゃうのですけど、XTRのその良さは"スピードフレックス”という点。こちらも水を99.9%吸わない魔法のフォーム。スピードの乗りが違います。

ちなみに、こちらは最近のメインボードの2本。左JHPのPantera XTR Parallel Flexと、右 RobertsのBlack Dump Track Super Charger。

47a255c6.jpeg

どちらも素材・シェイプともに素晴らしいボードです。JavierやRobertsの良いところは、個々一般の乗り手を考えてくれるところ。彼らはビックメーカーではありません。だけど、ビックメーカー並みの実力があります。これぞ、弊社が一押しする

”シェイプは最高レベル・でも個々のユーザーにとても近い存在”

となるのです。Marty、SB、DB、Linden、Bufo、Coleともにみんなそうなので、弊社で取り扱いしています。

そして、弊社新取り扱いブランド。

Komunity

まずは弊社が一押しする、サーフボードケースをご紹介。こいつはXTR専用ケースの次に優れているサーフボードバックです。

XTR専用ケースよりお値段ちょっと割安。でも性能はNO2ですよ。

41556924.jpg
初回の入荷は今週の金曜日。ご注文は今お受けしておりますので、ご希望の方は以下のURLより

http://www.osidesurf.com/?mode=cate&cbid=978069&csid=6
0f804d10.jpeg

こんばんは。今日千葉北エリアでサーフィンされた方!ファンウエーブでしたね。腰~胸サイズで、オフショア・・What more can you ask for?? 昨日の波がうそのよう。

今日はBufoのUgly乗りました。皆さーん、このボードは素晴らしいボードです。

c9179fcd.jpeg

①カットバックでもスピードが落ちない
②とにかくスピードが速い
③とろいセクションになっても止まらない
④パワーが出せるターンも出来て、そしてトップアクションはとても軽い
⑤もさっとした乗り味一切無し

デッキはフラット気味というか、コンケーブ気味のデッキなんで、僕の68kgのプチメタボ系でも厚みは2です。2の厚みでも、しっかりとしたレールのボリュームあります。

ce31de23.jpeg

5'9"-18 5/8-2 スクエアーテール

というスペックです。

今日の波は

サイズ:腰~胸
風:オフ
波質:トロ早い波質

上のサイズだとUglyのCI値は24リッターくらいなので、僕のベストではなく少し浮力不足です。だけど、そのわりにテイクオフと走り出しが早くて、乗った後の軽さとスピードはやっぱりHydro Flexだけしか出ない性質なのです。アンダーフロートでこの調子の良さだから、ベストのスペックだったらどうなっちゃうのだろう?という感じでした。

僕はいつもいいボード乗っている(つもり)で、これらのボードが無かったらたぶん思ったことがぜんぜん出来ません。いつもボードに助けてもらっています。弘法筆を選ばずですが、一般人の僕は筆を選んでしまいますね・・・

今日もいいボードに乗って、新しい発見をしました。これからまた楽しいサーフィンが更に楽しくなりそうです。

愛知県のMさんも言っていましたが、Bufoのボードに乗ると海に行くのが楽しみになるのですよ。彼はドイツのエンジニアリングとカリフォルニアのシェイプ理論を合わせた究極の一級シェイパーです。

Bufoのボードについてはこちらをご参考ください


カリフォルニアでは、世界で一番人気のCIサーフボードと、最近人気がぐんぐん上がっているLOSTサーフボードが1・2なんですけど、その他にも皆があまり知らないグットシェイパーが埋もれています。

CIとLOSTはその他のシェイパーズコミュニティーのレベルを上げるトップランナー達ですが、その他のシェイパーもいいところは彼から取り入れて、自分達のオリジナルな良さをスパイスとして入れて、そのレベルは勝るとも劣らないシェイパーも多いと思われます。

弊社では、そういった隠れたグットシェイパー達を日本の皆様に紹介していますので、これからもお楽しみに。
c4eab8b4.jpeg

2363a455.jpeg

今日は良く晴れ、そして風も弱い千葉北エリア。波も小さいけど・・・それでもNO2にて軽くサーフィン。基本ダンパーのPoor+コンデションですが、やれないことは無いです。もう僕は5mmスーツ+5mmブーツ。寒がりなんで、これくらいで丁度。

以前はもう冬が怖くてしょうがありませんでした(In Chiba-kita)が、今は安心のドライスーツがあります。1月はもうドライスーツでしょう。

さて、コンサインメントボードの値下げのお知らせです。程度もバッチリなLittle Monsta 5’7”。軽く動く、パフォーマンス短めボード。厚ぼったいボードではないので、レールの入れやすさもグットです。

35017189.jpg

Little Monsta 5'7" 69,800円64,800円

ボードのご注文・詳細はこちら


5316401a.jpeg

fbd5230a.jpeg

とにかく冬型が決まると、千葉エリアは天気は最高です。

昨日山武市観光協会の方がやってきて(会長さんは蓮沼の方)、蓮沼初のサーフショップなんで、山武市観光協会に是非~とお誘いが。僕の出身が松尾ですといったら、”へへー松尾。どえらい近いですね。”となって驚いていました。かなりローカルな話題なので、ちょっと割愛しますが資料をまずは参考にさせていただきます。でも、地域の振興は良いことですよね。

4a49548c.jpeg

66de6cdf.jpeg

ボードは、Boogieだったんですがこいつは本当に早くて、軽いです。XTRもそうだけど、素材の開発者のボードっていいんですよ。Bufoはかなーり無名だけど、ボードに乗ってみるととにかく早くて、軽いボードを削ります。良いシェイパーです。

Boogie FIshのインプレありますので、こちらもご参考是非。

アマチュアC級ライダーが描く、一般の皆様に参考になるリアルインプレです。

1920X1080_free_wallpaper_small.jpg

ちなみに、僕の好きなフィンはTrue Amesフィン。こちら皆様調子良しと報告多数受けています。デザインナーはTAの創始者であるChuck Ames。最近新しいアシスタントが入り、とってもビジネスも好調だそうです。フィンデザイン+素材がいいものね。

TAフィンのFCSはこちら

TAフィンのFuturesはこちら

クリスマスセールやっています(期間限定)。すべて、シェイパーと入念にコミュニケーションをとりながらオーダーする、海外シェイパーボードとしては画期的システム。この機会にニューボードを新素材日本NO1を自負する弊社で是非!!

Sale.jpeg

あのBufoによるBoogie Fishの解説をアップしました。



要約すると・・・

Boogie Fishはツインフィンの派生系だが、レトロチックなボードではなく、縦へも動かせる軽めのタッチのラウンドノーズだ。

センターのストレートラインは直線を強めているが、ノーズとテールエリアのアウトラインカーブを強めていてターンの性能がとても高い。

小さい膝からオーバーヘッドまでカバーするフィッシュボードである。

今、僕のインプレも書いていますのでそちらもお楽しみに。結構長い間乗り込んでいます。こちらは、XTR素材ではないHydro Flexですが、僕はBufoのHydro FlexはXTR素材に負けないくらいの性能があると信じて疑いません。

bufo-boogiefish-florida-fish-fry-2011.jpg

blog_till_panoramas09.JPG

だから、例外的に弊社でも取り扱いしているのです。XTR素材で無いのに、なして~~??と思っている方もいらっしゃるでしょう。

でも弊社のモットーは、

選ばれた最新素材があなたのサーフィンライフをより豊かに
今までできなかった限界値を越えるサーフィンを


というわけで、こちらもお勧めです~。メーカーとの連携もバッチリなので、アフターサービスもご安心。

◎ボーナスキャンペーンやっています◎

68b13a14.jpeg

詳しくは写真またはこちらをクリック!!




カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
2
7
16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
栗田祐紀
性別:
男性
職業:
専門職
趣味:
読書、旅行
自己紹介:
XTRサーフボード/Hydro Flexジャパンの代表の栗田祐紀です。サーフカルチャーの本場のカリフォルニア・そして日本から、常に旬の最新かつ正しいサーフボード・サーフィン情報をお客様にお伝えるようにリポートします。
最新TB
(05/21)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
Template by Crow's nest